池田屋ランドセルの口コミ【個人的に五つ星の評価】

2010年1月16日お得情報

池田屋ランドセルの口コミです。

今春、娘が小学生になります。6年間、娘の学校生活を共にするランドセルを購入するにあたり、いろいろなランドセルを比較・検討した結果、池田屋のランドセル「ぴかちゃんランドセル」を購入しました。

この記事では、池田屋ランドセルを購入するにあたり、素材や安全性などの特徴を口コミします。

池田屋のランドセルの特徴【素材】

池田屋カバンのランドセルは、丈夫で強い牛革と軽くて水に強いクラリーノの
2種類の皮の特長を活かし使用した「別格クラリーノ素材」のランドセルなのだそうです。

適材適所という言葉があるとおり、
負担が掛かりやすい肩ベルトには強い牛革を、
傷がつきやすく防水性が必要なかぶせ部分にはクラリーノを使用しています。

しかも、池田屋カバンのランドセルで使用されているのは市販されているクラリーノではなく
特注のクラリーノだそうです。

カバン専門店なので、使用する材料は間違いなく良いものだと思ったのが決め手の一つでした。

池田屋のランドセルの特徴【機能】

池田屋カバンのランドセルは施錠がちょっと違います。
「ぴかいちロック」という縦型で、しかも特許を取得している施錠です。

何が特許なのかというと、ランドセルに入れる教科書の量に応じて、
自動式で施錠位置が決まるのだそうです。

縦型ってちょっと不便そうと思ったのですが、
実際にカチャカチャしてみると普通に開け閉めできて特に違和感も無かったです。

あと、鍵などをかけるキーループもついているので、
鍵を持って学校に行くお子さんも安心して使えると感じました。

池田屋のランドセルの特徴【安全性】

ランドセルって横にのDカン部分にに袋掛けという機能がありますよね。
給食袋とか、体操服入れとかかける部分です。

でも、このD機能って以外に危ないのだそうです。
というのも、万が一車と接触して引きづられると・・・大変なことに。
(一部の学校では袋掛け自体禁止しているところもあるそうです)

ぴかんちゃんランドセルの袋掛けは、20キロ以上の力がかかると、
自然にフックが外れる仕組みとなっています。

もちろん、自分の石で取り外しも可能なので袋掛けを禁止している学校でも
使うことが出来ますよ。

また、背負いベルトは、「キボシ」という金具を使っています。
たぶん、よく目にするのはベルトみたいなバックルを使用したタイプですよね。

ベルトでも経験があると思うのですが、バックルって手に引っかかったりしませんか?
それを考慮して、子供の手にバックルが引っかかることなく安全に使用するために
キボシを使っているそうです。

キボシって弱そう・・・と思いますよね。
でも、入れるのもキツイ!というぐらいしっかりとしています。

キボシなら、ベルト部分が避けたり破れることもなさそうですよね。

池田屋のランドセルの特徴【保障】

池田屋カバンの中はA4サイズでもゆったり入る
ワイドな設計なのですが、注目なのは底の部分です。

取り外しができます。

普段、私たちが使うときにはここを取り外すことって滅多に無いと思うですが、
あえてこのようにしているのは「6年間の無料保障」の際を考慮してとのことです。

ぴかちゃんらんどせるは、故意の保障も無料なんです。
しかも、保証書をなくしたとしても、カバンに刻印が売っているので、
それが保証書代わりになります。

ランドセルに保障って必要ある?と思われるかもしれません。

ですが、長い小学校生活で何が有るか分かりません。

保障を使わないことに越したことはありませんが、やはり6年間の保証がついているのは、子どもが安心・安全使い続けることができるお守りになると思います。

2018年1月追記

6年間保証を使うことはないと思っていましたが、2018年に息子のランドセルのベルトがちぎれて、使用できない状態になりました。池田屋ランドセルに連絡したところ無料で修理していただきました。

池田屋ランドセルは子どもが安心して小学校生活を送るためのランドセ

はじめてのランドセル購入で、いろいろ悩むことも多かったですが、池田屋のランドセルを購入して本当に良かったと思います。

3年後には長男も小学生になります。

娘が3年間使用して不具合などが無ければ、長男も池田屋ランドセルを購入しようと思っています。

子どもが6年間使い続けるランドセルだからこそ、親は真剣に悩むし慎重に選ぶのは当然です。

その中でも、池田屋のぴかちゃんランドセルは、かなりおすすめできるランドセルだと思います。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。