はなとらのハッピーライフ

40代子育て主婦ブログ。アンチエイジングをメインに限られたお金と時間で毎日笑顔で過ごすために効果的なモノ&コトを体験し紹介するレビューブログ。

アイケア 口コミ体験談

パソコンによる目の疲れ対策サプリメント《クッキリン》で眼精疲労を解消できる?

ほぼ毎日、1日の約2/3(約16時間)をパソコンやiphoneを見たり液晶テレビを見るために使用しています。

 

当然ですが、目がものすごく疲れます。最近では、目薬をさしたときにものすごくしみることが多くなってきて、眼精疲労を深く実感しています。

 

これでは良くないとは分かっていても、パートでもパソコンを使うし、学校や習い事の連絡もすべてLINEやメールなので、どうしてもパソコンやスマホなしの生活を送ることができません。

 

寝ているとき意外は、ほとんどブルーライトによるダメージを受けているので、疲れないはずがないんですよね^^;

ブルーライトの影響を浮けまくっている私の一日はこんな感じ

パソコン・スマホのブルーライト対策

朝、スマホの目覚まし時計で起床

めざましテレビを見て出勤

電車の中でスマホを見る

パート先で1日6時間ぐらいパソコンとにらめっこ

帰りの電車でスマホを見る(疲れているときは寝ている)

クックパッドでレシピを見ながら夕飯の準備

食事中もテレビを見る(学校や習い事の連絡がスマホに入る)

寝る前にスマホでちょっとゲームしたりパソコン

 

こうやって見ると、ブルーライトの影響をかなり受けた生活を送っていることがよくわかります。しかも、これがほぼ毎日続いている状態です。

 

今もパソコンでブログ更新中ですし、スマホにいたっては、暇つぶしを含めて朝起きたときから夜寝るまで1日に何回見たか覚えていないぐらい見ています。

 

目が疲れるのも当然ですね。

 

パソコン・スマホの見すぎで目が痛い・目の奥が重い

パソコンをしすぎると、瞬きの回数が減るしブルーライトの影響を受けて目がとても疲れます。

 

目が乾いてカサカサ・ヒリヒリしたような痛みがあるのはもちろん、目の奥に強い痛み(違和感)を感じることが多くなってきています。

 

時には、目を閉じると、太陽を直視したときのような強い刺激(痛み)を感じて、目を開けるのに数秒かかってしまうことも・・・。

 

あまりに目が疲れすぎていると、肩凝りや頭痛など体調不良を起こしてしまうこともあるんですよね。

 

眼精疲労の原因はパソコンやアイホンだとわかっているのですが、仕事でパソコンを使うのをやめることはできないし、調べ物をするときには便利さに負けてすぐにスマホを使ってしまうのが現状です。

 

ブルーライト対策サプリメントで目の疲れを少しでも解消したい!

数年前から、少しでも目の疲れを解消できればとパソコンやiphoneを見るときはブルーライトカット眼鏡を使用するようにしています。

 

ブルーライトカット眼鏡を使用するのとしないのでは、目の疲れ方に大きな差を感じていますが、やっぱりブルーライトカット眼鏡だけでは目の疲れを完全に解消できないのが現状です。

 

特に最近は、40歳を目前にして「目」の老化もすすんでいるらしく、最近は、小さい字が見えにくかったりパソコンやスマホから目を離したときに景色がぼやけることも多くなってきました。

 

そこで、ブルーライトカット眼鏡との併用でブルーライト対策サプリメントを試してみることにしました。

 

クッキリン マキベリーサプリ

 

目の疲れ対策のためのサプリメントは、ブルーベリーやビルベリー、スーパーフルーツのアサイーベリーなどいろんな種類のものがありますが、今回試したのは、スーパーフルーツの王様と言われているマキベリーのサプリメント「クッキリン」です。

 

クッキリンは、ブルーライトによる目の疲れ対策サプリメントです。

 

ブルーライト対策サプリ「クッキリン」に使われているマキベリーとは?

 

今まで、アイケアサプリメント使用されているフルーツといえば、ブルーベリー・ビルベリー・アサイーベリーなどが多かったと思うのですが、クッキリンに使用されているのはスーパーフルーツの王様といわれているマキベリーという果実になります。

 

クッキリン アイケアサプリ

 

マキベリーは、日本ではあまり耳にしないフルーツになのですが、南チリのパタゴニアという地方とアルゼンチンの一部の地域にだけ自生しているベリーの一種になります。

 

海外でスーパーフルーツの王様と呼ばれるほど注目されているフルーツで、ブルーライトのダメージのカギとなるポリフェノールは、ブルーベリーの14倍、アサイーの5.4倍にもなるといわれています。

 

このスーパーフルーツを手軽に美味しく摂れるのが、ブルーライト対策サプリメントの「クッキリン」です。

 

クッキリンってどんな味?

クッキリンは、ラムネのような形状でポリポリと噛み砕いて食べます。

 

クッキリン

 

サプリメントというようりも、「ジューC」のようなラムネ菓子を食べているような感覚で、味はちょっと酸味を感じるベリー味です。

 

本物のマキベリーを食べたことがないのですが、味に関してはブルーベリーに似ていて、とても美味しく食べることができるます。

 

ちなみに、食べた後は、マキベリーの色素で、舌が濃い紫色になっています。

1日何粒食べればいいの?

1日の目安量は4粒~8粒になります。

クッキリン

これって、結構な量・・・と思われるかもしれませんが、水無しで噛み砕くことができるラムネ菓子のようなサプリメントなので、摂ることに対して煩わしいと感じることはないと思います。

 

むしろ、あまりの手軽さと美味しさに「もっと食べたい!」と思ってしまうかもしれません。

 

ちなみに、目安量は1日に4粒から8粒ですが、9粒以上食べても健康上に問題はないと説明書に書いてありました。

 

どれ位の量を摂ればいいのかは、実際に食べてみて、自分で「これぐらいなら実感できる量」という量を見つけるのが一番良いと思います。私は6粒を目安にとるようにしました。

 

本当にクッキリンで目の疲れが解消できる?

クッキリンは、サプリメントなので薬のように即効で目の疲れを解消するわけではありませんが、目の奥が痛いな・・・とか目が乾燥してヒリヒリするな・・・という日は、夜寝る前にクッキリンを摂っています。

 

次の日は、目のショボショボした感じが軽減されている気がして、スッキリとした感覚になります。

クッキリンの成分

これが、必ずしもクッキリンのお陰?というとハッキリ断言できるわけではないのですが、今までと同じような生活に「クッキリン」をプラスしているだけなので、やっぱりマキベリーのポリフェノールやビタミンC・プロポリス・ルテインなどの目にいい成分が働きかけているのではないか?と思っています。

 

何よりも、水無しで手軽に食べれるサプリメントというのが便利ですよね。小粒のチュアブルタイプなので、美味しくとり続けることができます。

 

ブルーライト対策サプリメント「クッキリン」のまとめ

今の生活の中から、ブルーライトを完全にシャットアウトすることは不可能です。

 

パソコンや液晶テレビ、スマホなど、いろいろな機器から発せられるブルーライトからできるだけ自分のめを守っていくためには、厚生労働省が掲げているガイドラインにあるように「1時間以上連続してパソコンやゲームをしないようにする」「40cm以上離して作業をする」などの予防策が必要です。

 

さらに、ブルーライトカット眼鏡をかけたり、睡眠を正しく取って目の疲れを解消してあげるようにしなければなりません。

 

ただ、それだけではどうしても目の疲れやショボショボ・チカチカなどが緩和されないことがあるのですが、クッキリンはこのようなときのためのサプリメントになります。

 

ブルーベリーやアサイーのサプリメントを飲んでいるけれど、なんだか物足りない気がする方はもちろん、これからアイケアサプリメントを試してみようと思っている方にもぴったりだと思います。

 

愛用者の方には、パソコン仕事の合間にガムがわりに食べているという方もいらっしゃいます。疲れたな~と感じたときに食べれば目の周りが軽くなるそうです。

 

確かに、クッキリンを飲んだときは、目のショボショボした感じ・目の奥の違和感は軽減されたように感じました。

 

1袋には120粒(1日8粒の場合で15日分)が入っています。お値段は通常価格で2,300円なのですが、定期コースにすると10%~最大15%OFFまでお値段が割引になります。

 

また、初回に限っての特別価格になりますが、1320円お得になる初回限定価格980円(税別)で購入することができます。

 

定期コースは5回目のお届けから解約が可能となっているので、じっくりマキベリーサプリの働きを試してみようという方におすすめのコースになります。

 

公式サイト>>クッキリンの詳細・ご購入はこちら

 

 

 

 

 

 

-アイケア, 口コミ体験談
-, , ,