はなとらのハッピーライフ

40代子育て主婦ブログ。アンチエイジングをメインに限られたお金と時間で毎日笑顔で過ごすために効果的なモノ&コトを体験し紹介するレビューブログ。

主婦湿疹

1回で手荒れ・水疱!恐るべき市販の食器用洗剤

主婦にとって、毎日の食器洗いは必ずしないといけない家事の一つです。

食洗機が普及したとはいえ、大きめの鍋とかフライパン、ボール。そして、1回の料理で何度も使うまな板や包丁は、食洗機ではなく手洗いしなければなりません。

我が家にも、私の手荒れを見かねた主人が、食洗機を付けてくれたのですが、それでもやっぱり手洗いしなければならないものも多いんですよね。

冬から春にかけては、油汚れの少ない煮物やサッと焼くだけの料理がメインだったのですが、夏になってビールがおいしくなると、料理も鉄板焼きや揚げ物など、ビールと合う食事が増えてきました。

そして、洗い物もギトギト系のものが増えてきたのです。

 

そうなると、石鹸素地ベースの食器洗用洗剤じゃ汚れが落ちないんですよね。

ちょっと前までは、太田さん家の手づくり洗剤を使っていました。

でも、仕事を始めたり夏休みが始まったりと何かと忙しい日々を過ごしていて、ネット注文できずにいたのです。

とはいっても、台所の荒いものは毎日出るので、ドラッグストアで売られている台所用の石鹸(石けん素地)を使っていたのですが、やっぱり油汚れには弱かったです。

それで、散々迷った挙句・・・最も手に優しそうなタイプの市販の食器用洗剤を購入したのですが・・・手荒れしてしまいました。

私が購入したのは、花王の食器用洗剤だったのですが、うーん・・・やっぱりダメでした(涙)

1回の使用で、皮の下に無数の水疱ができて痒みがでてきました。現在は、水疱が枯れてしまい皮がボロボロにめくれてきています。特に親指と薬指の状態が悪いです。

合成食器用洗剤で主婦湿疹

一度、主婦湿疹を起してしまうと、肌は洗剤にアレルギー反応をおこしてしまうみたいです。

ずっと、太田さん家の手づくり洗剤や石鹸ベースの食器威容洗剤で手荒れしていなかったので、ちょっと調子に乗ったのが悪かったですね。

今後は、油汚れ用としてレモン油配合タイプを用意しておこうと思いました。

 

太田さん家の手づくり洗剤にも合成界面活性剤が使用されているのですが、主な成分が植物性界面活性剤であるヤシの脂肪油というところが手に優しいのだと思います。

もちろん、全ての主婦湿疹の人が太田さん家の手づくり洗剤を使用して満足しているというわけではありませんが、皮膚科を渡り歩いても改善しなかった私の主婦湿疹には、良い結果を出してくれている洗剤です。

石鹸では落ちない汚れを落とすことが出きるのに、市販のジョイやキュキュットなどと比べると肌に優しくて使いやすい。これが太田さんの食器用洗剤太田さん家の手づくり洗剤ですね。

半練タイプで最初は使いにくいけれど、ちゃんと泡立ちもいいし、洗い終わった後に手がヌルヌルしないところも特徴だと思います。

 

太田さんの食器用洗剤は、手荒れはしたくないけれど、汚れはし閣下りと落としたい主婦の人の見方になってくれる洗剤です。あなたも、食器洗いで手が荒れると悩んでいるなら、使っている洗剤を替えてみてください。手荒れが劇的に改善するかもしれません。私は、劇的に改善しました^^

公式サイトで実際の工程やこだわりをチェックできます♪
>>太田さん家の手づくり洗剤

-主婦湿疹
-, ,