はなとらのハッピーライフ

アラフォー主婦口コミ体験レビューブログ。化粧品・サプリなど美容と健康に役立つ情報を中心に、毎日がハッピーになるモノ・コトをご紹介しています。

トライアルセット口コミレポ

プロテオグリカン美容液で肌のハリ・弾力を取り戻せる?

今、ヒアルロン酸やコラーゲンに次いで、第三の美容成分といわれているのが
鮭の鼻軟骨から抽出されたプロテオグリカンという成分です。

サプリメントや美容ドリンクをはじめ、医療の面でも注目されている成分なので、
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ちょっと言いにくい名前ですが、プロテオグリカンはヒアルロン酸を超える保湿効果で、
年齢を重ねた肌(年齢肌)のエイジングケアをサポートしてくれるのではないかと
期待されています。
そんな話題のプロテオグリカンをヒアルロン酸とともに高配合した
ビナーレピージーアルファスペシャル美容液という美容液があるのですが、
そのプロテオグリカン美容液のお試しトライアルを開発されたビナーレ化粧品さんから提供
していただき毎日1回、入浴後のスキンケアで1週間ほど体験してみました。
binare.jpg

内容量は5mlです。小さいですよね^^
最初に見た時は、こんなに小さかったら2・3日で使い終わってしまうんじゃないのかな?
と思ったのですが、これが見事に期待を裏切ってくれるほど長持ちしています。
binare1.jpg
まず、ビナーレ化粧品というメーカーをご存知でないという方に少しだけ紹介
させていただきます。
ビナーレ化粧品は、青森在住の美容家である田中愛さんによって考案・開発された
エステ発の化粧品です。
そして、今回試させていただいたピージーアルファ美容液は、
青森県産業技術センター バイオテクノロジー部の協力のもと商品化された
プロテオグリカン化粧品で、通常サイズは1本30ml入りで9,975円です。
けっこう、高いですよね^^;
さて、年齢肌の悩みといえば、やはり肌の弾力・ハリが失われることではないでしょうか?
人によって、エイジングケアを始めるタイミングは違いますが、
できれば30代手前から意識しはじめていると40代・50代になったときに
明らかな差がてくるんですよね。
ちなみに、私もアラフォーといわれる年ですが、友達との話で頻繁に話題になるのが
口元のシワ「ほうれい線」です。
やっぱり、「ほうれい線」があるのと無いのでは、見た目の印象をかなり変えてしまうので、
気になるんですよね。
目尻のシワよりも口元のシワである「ほうれい線」対策について話すほうが断然多い。
例えば、みんなで集まるとワイワイなるじゃないですか?
もちろん、笑い話も多いわけです。
そうしたとき、誰かが一言「ほうれい線、消えなくなるぞ!」って必ず言うんです。
と同時に、みんな口元のシワを伸ばし始める^^;
目じりもシワがあるはずなんですけどね。
やっぱりほうれい線のほうが気になります。
このほうれい線の正体は小ジワよりも深いシワなのですが、
シワの原因は筋肉のたるみと肌の乾燥です。
肌が乾燥すると、肌にハリが無くなりしぼんだ状態になるんですね。
例えば、風船ってらんでハリのある時はプルンってしているけど、
空気が抜けてしぼむとシワシワになっちゃいますよね。
風船は空気ですが、肌は分が抜けるとじようにシワシワになるんです。
かといって、肌の内部にある真皮層では、保水力を維持するのはもちろん
肌のハリに必要な成分を生成する力も加齢とともに低下しているので、
ちゃんとしたケアをしていかないと、水分がドンドン無くなってシワもあっという間に
深くなっていきます。
だから、保湿化粧水とか美容液で肌に潤いを与えるんですね。
今までは、美肌成分というと先ほどもお伝えしたとおりヒアルロン酸とかコラーゲンでした。
私も、今までヒアルロン酸入りの化粧水や美容液を使ったことがあります。
でも、ビナーレのプロテオグリカン美容液をはじめた使った時は、ちょっと驚きました。
いくら保水力が違うといっても、正直そこまでテクスチャーとかには関係ないだろう・・・
って思っていたんです。
それが・・・今まで体験したほどが無いくらいのトロ~ンとしている液体なんです。
例えて言うと、卵白のトロッとした部分をちょっとマイルドにのような感じです。
binare2.jpg

手に取ったばかりだと、このようにトローンとしたテクスチャーなのですが、
これを手のひらで温めるようになじませるとサラッと肌に浸み込んでいくのが
はっきり分かります。

binare4.jpg
PGαをつけたときは、ものすごく肌がプルンとなるので、思わず乳液を付け忘れてしまう^^;
せっかく美容液で保湿したのに、乳液で保護するのを忘れるなんて・・・と、
ちょっと自分を責めながら、あわてて乳液を付けに戻る日が2日ほど続きました。
そして、何よりも楽しみなのが翌朝の鏡に映る自分の口元ですね。